Shop News

2017.05.08


Owners Garment - New in -

 

 

ニュースでお伝えしてます通り、当店のオーダースーツシステムの

Owner's Garment 自社ハンドメイドラインで単品ジャケットがラインナップに加わりました。

 

そして更に、お選び頂ける生地のバリエーションも非常に広がりました。

 

早いところでは5月からクールビズだということですが、

矢張り男のトラディショナルスタイルは

ジャケット・オンでなんぼのもんかと思っております。

コットン、リネンなどのジャケット生地も豊富にございますので、

夏のビジネス・スタイルに、またはオフ・スタイルに、

一張羅から遊び着まで、自分だけの1着をお仕立ていたします。

 

ジャケットでオススメ生地をいくつか。

 

 

Tallia di delfino

wool100%

遠目にはネイビー無地ですが、生地の織目柄が素敵です。

 

 

Tollegno

wool100%

派手に見えますが、意外に使いやすい色目だと思います。

 

などなど。

 

 

また、春夏はコットンスーツもぜひ取り入れて頂きたいアイテムです。

今季は既成でも幅広くラインナップしておりますが、オーダーとしてはしばらく

定番的に取り扱っているLARUS MIANI(ラルス ミアー二)のものがあります。

 

カラーバリエーションも豊富で、ストレッチ混で着やすく、

こちらもオススメのファブリックです。

 

 

 

 

数年前この生地を使ってオーダーしまして、けっこう着こんだので

生地がヨレ、けば立ちも出てきました。

 

 

 

リネンやコットンは、ウールに比べるとシワが出やすくて、

敬遠される方もなかにはいらっしゃいます。

新品のパリっとした状態も、緊張感があってそれはそれで結構なのですが、

シワが出たり、着込んで少しヤレた感じがかっこいいなと思うのです。

 

コットン生地はウールに比べると経年変化がでやすく、またそれが

独特の味わい深さとなっていきます。

かつての英国人は新品のツイードのジャケットを何度も床にたたきつけて

なじませてから着るようにしていた、なんていう有名な逸話もありますね。

それはちょっとやりすぎだと思うのですが、考え方はそういうことかなあと。

 

 

話が逸れました。

それでは皆様のオーダー、お待ちしております。

 

 

京都三条店 泉

 

 

 

 

 

フォローして頂きましたら、入荷案内やお得な情報を

受け取って頂けます。

ぜひ一度チェックしてみてください。

 



前の記事へ |  次の記事へ




ITAL STYLE