Shop News

2020.01.10


レギュラーPlusのススメ

ITAL STYLE SHIRT ONLINE SHOP をご利用いただき

ありがとうございます

 

これまで大勢のお客様からご賞賛のお声を頂いております、

ITAL STYLE SHIRT 

NEW LINE UP『レギュラーPlusモデル』

これまで通常袖丈モデルをご愛用いただいている方で、

「欲しいのだけど、自分にあう袖丈が見つからない・・・。」

という貴方様。

今回ご案内する【レギュラーPlusのススメ】を是非ご一読ください。

きっと貴方の背中を押してくれるでしょう。

 

 

ススメ1)
Plusモデルの特徴の一つ、テーパードカフス。
袖口に向けて先細りに生地を裁って縫製するこの特徴は大きく2つ。


①袖ボタンを留めた時、横からのシルエットが非常に美しい
②手首のフィット感が格段と良くなる

当社他社様問わず、これまでご着用されているシャツの袖口の
「見映え」や「フィット感」に少しだけ物足りなさを感じられて
おりましたら、

Plus仕様はおすすめです。

 


ススメ2)


Plusモデルの特徴の一つ、太すぎない二の腕。
ITAL STYLE SHIRT はもともとはスリムなボディフィットで仕
立てておりますが、

Plus仕様はさらに追求を繰り返しました結果、袖を後付けにしました。

 

この仕様により、腕の曲線に沿ったストレスフリーな着用感が

体感できます。なぜストレスフリーかと言いますと、、、、、

もともと人間の腕は自然体に
したときに前側へ振られているからです。

袖を後付けにすることが、前振り袖付けのミリ単位の
調整が職人の手により実現します。
シャツ自体が人間の体に沿っていれば『ストレスなく着用できる』と
いう事に対して想像に難くないですね。

以上が、Plus仕様のオススメ事案です。

ちなみに、ITAL STYLE SHIRT の企画全般に携わっている
ワタシもPlus仕様を大変気に入っております
「企画側の人間なので当たり前だろ」と思われるかもしれませんが、、、
そこはご愛嬌ということで。

もともとは通常袖丈の40/83を着用しておりましたが、
今はPlusモデルの40/85を着用しております。



通常袖丈の40/83



Plusモデルの40/85



前者が通常袖丈40/83、後者がPlus仕様の40/85。
いわゆるセミロング丈ですね。

裄丈が2CM長いにも関わらずジャケットからの
袖口の見え方がほぼ同じです。
これはどいうことかと申しますと、前述しましたテーパードカフスが
手首周りのフィット感を増長させて、絶妙なポイントで

留まってくれている所以です。


加えて、袖付を日本人体型に合わす「前振り袖付け」にすることで、
曲線パターンが出来上がります。
前振り袖付けをしていないと直線パターンになり、
腕の動きいシャツの袖がついてこない。

ITAL STYLE のシャツは全てのモデルの「前振り袖付け」を

していますが、Plusモデルはセットイン(後付け)にて
袖付けをしている仕様なので、より進化しています。


もちろん、体格によって個体差は生じますが、
シャツの袖全体が太すぎないのも理由の一つです。

これまで、通常袖丈をご愛顧いただいておりますお客様も、
是非Plus仕様をお試しくださいませ。
また、袖丈長めのPlus仕様も近日中に展開予定しております。
乞うご期待下さいませ。


ITAL STYLE SHIRT ONLINE SHOP

レギュラーPlusモデルシャツは

 

こちら

https://shop.ital-style.com/products/list547.html

 



前の記事へ |  次の記事へ

2020年 07月 (2)

2020年 06月 (9)

2020年 05月 (14)

2020年 04月 (13)

2020年 03月 (11)

2020年 02月 (11)

2020年 01月 (13)

2019年 12月 (14)

2019年 11月 (13)

2019年 10月 (12)

2019年 09月 (13)

2019年 08月 (16)

2019年 07月 (15)

2019年 06月 (16)

2019年 05月 (17)

2019年 04月 (21)

2019年 03月 (21)

2019年 02月 (16)

2019年 01月 (20)

2018年 12月 (24)

2018年 11月 (23)

2018年 10月 (15)

2018年 09月 (7)

2018年 08月 (4)

2018年 07月 (7)

2018年 06月 (19)

2018年 05月 (15)

2018年 04月 (18)

2018年 03月 (24)

2018年 02月 (9)

2018年 01月 (12)

2017年 12月 (15)

2017年 11月 (20)

2017年 10月 (26)

2017年 09月 (25)

2017年 08月 (25)

2017年 07月 (22)

2017年 06月 (32)

2017年 05月 (33)

2017年 04月 (26)

2017年 03月 (25)

2017年 02月 (32)

2017年 01月 (30)

2016年 12月 (29)

2016年 11月 (19)

2016年 10月 (18)

2016年 09月 (27)

2016年 08月 (15)

2016年 07月 (17)

2016年 06月 (30)

2016年 05月 (24)

2016年 04月 (16)

2016年 03月 (24)

2016年 02月 (24)

2016年 01月 (33)

2015年 12月 (32)

2015年 11月 (46)

2015年 10月 (35)

2015年 09月 (36)

2015年 08月 (34)

2015年 07月 (13)

2015年 06月 (14)

2015年 05月 (22)

2015年 04月 (26)

2015年 03月 (27)

2015年 02月 (23)

2015年 01月 (21)

2014年 12月 (19)

2014年 11月 (11)

2014年 10月 (16)

2014年 09月 (13)

2014年 08月 (10)

2014年 07月 (17)

2014年 06月 (11)

2014年 05月 (26)

2014年 04月 (19)

2014年 03月 (19)

2014年 02月 (26)

2014年 01月 (19)

2013年 12月 (11)

2013年 11月 (23)

2013年 10月 (25)

2013年 09月 (33)

2013年 08月 (36)

2013年 07月 (35)

2013年 06月 (40)

2013年 05月 (63)

2013年 04月 (60)

2013年 03月 (69)

2013年 02月 (35)

2013年 01月 (21)

2012年 12月 (11)

2012年 11月 (10)

2012年 10月 (17)

2012年 09月 (17)

2012年 08月 (27)

2012年 07月 (27)

2012年 06月 (30)

2012年 05月 (22)

2012年 04月 (16)





ITAL STYLE