Shop News

2017.11.24


NEW MODEL

こんにちは。橋本です。

 

風邪をひいたようで、今週は中々に辛い1週間でした。

 

ここ数年、

なんか喉が痛いかもと思って、その日のうちに葛根湯を飲んだり、

ひき始めの対策を行なってみるのですが、そこで進行が止まる事は決してなく、

その後、必ず症状が悪化して、後は日にち薬といった状況が続いています。

これを加齢と呼ぶのでしょうか、、

オフィスに行くと、色々と差し入れして頂きました。

 

 

感謝、感謝でございます。

(と言うよりも早く治して、周りにうつすなよ。ということかもしれませんが)

 

閑話休題。

そんな体調のイマイチな金曜日にご紹介するのは、

気分を上げてくれそうな今シーズンのNEW MODELのスーツです。

 

           

 

 

ARTIGIANALE  Single Peaked Lapel Suit  ¥84,240-

​(オンラインサイトはこちら)

 

数年前まで既製品でも展開していたシングルのピークドラペルのスーツ。

2年程展開をしておりませんでしたが、

今期、久しぶりに展開をすることにしました。

以前展開しているものとは全くの別物。

こちらのカノニコのグレンチェックを使用したモデルは、シーズンカタログでも使用させて頂いておりますので、

既にご覧になって頂いた方もいらっしゃるかと思います。

 

まずは特徴的なラペル。

 

 

高めのゴージに、幅広のラペル(着用サイズ48でラペル幅は9.8cm)。

胸箱ポケットの上あたりを頂点にラペルがラウンドしているこの形状がポイントです。

ドレスウエアではここ最近、クラシック回帰の流れがありますが、

こちらもその傾向を反映し、他モデルと比較するといせ量の多い太めの袖幅や、

 

 

最近はあまりこの言葉でサイズ感を表現することが無くなってきたように思いますが、

ドロップは6とゆとりのあるフィッティングです。

(ドロップという言葉がよく使われていた頃は8ぐらいがスタンダードだったでしょうか)

 

 

ドロップが6というところだけを聞くと、かなりゆったりとしたイメージをお持ちになられるかもしれません。

あくまでドロップはバストとウエストの差寸。

上の着用画像を見て頂くと、良くおわかり頂けるかと思いますが、

決して、そこまでゆったりとした印象では無いと思います。

 

パンツは先の画像でもおわかりのようにワンプリーツでクラシックに。

 

 

こちら、パンツもしっかり手が掛かっています。

 

 

 

くせ取りをしっかりとし、立体的に縫製されている為、

畳みの時点では生地が膨らみ、見た目が綺麗な感じではありませんが、

履くとしっかりと包み込むようにフィットします。

ディテール面でも細い手玉縁に、後ろ中心はVカットでふらしループ。

本当はフロントもボタンフライにして、持ち出しも長くとって、、と考えましたが、

ボタンフライはいかんせん、イタルスタイルのお客様からは不評ですので、やめておきました。

 

少し個性的なビジネススーツをお考えのお客様、如何でしょうか。

 

私は明日、こちらがあるので、店頭に勤務予定です。

 難波店で皆様のご来店、心よりお待ち致しております。

 

 

Instagramも随時更新中です。

 

 

 

フォロー宜しくお願い致します。

 

 



前の記事へ |  次の記事へ




ITAL STYLE