Shop News

2017.02.20


ARTIGIANALEのシャツについて②

 

京都店 泉です。

 

先週に引き続きまして、Artigianaleのシャツについて。

 

それでは縫製面を。

一番見どころかと思いますのは、袖つけを後付けしています。

写真は左が身頃、右が袖です。

 

 

いわゆる量産のシャツは、効率化から裾から袖先までぐるっと一本で縫い上げます。

けれども、人間の体は立体的なので、着て動いたときにそれだとどうしても

ツッパリが出てしまいます。腕の運動に沿うよう、最適な角度で取り付けるために、

袖は別で取り付けています。

もちろん面倒な作業なので時間はかかりますが、着心地をよくするためには

欠かせない部分です。

 

 

 

続いてカフ。

一見なんでもなく見えるのですが、実はボタン側にもホールが空いており.....

 

 

 

裏側へしまい込めるようになっています。

コンバーチブルといわれる仕様で、カフリンクスが使えるようになっています。

ちなみに、前回は襟の芯仕様をご紹介しましたが、カフに関しても片面フラシです。

 

 

 

仕事ではボタンで....ドレスアップにはカフリンクスで....

ボタンホールを余分に開けたり、糸巻きを高くしたり、これもまた作業は増えますが、

Artigianaleのシャツのこだわりの部分です。

 

 

いかがでしたか。

もう何年も定番の商品ですので、こうした場で改めてご紹介することも少なかったのですが、

随所にこだわりの詰まったシャツであります。

店頭でも、広げてしっかりお見せいたしますので、お気軽にお声掛けくださいませ。

 

京都店 泉

 

 

 

※このたび、mina京都店は、京都三条通りへ

3/3(金)15:00より、移転オープンする運びとなりました。

詳しくは下記まで

mina京都店 移転のお知らせ

 

 



前の記事へ |  次の記事へ

2024年 05月 (8)

2024年 04月 (8)

2024年 03月 (9)

2024年 02月 (9)

2024年 01月 (8)

2023年 12月 (12)

2023年 11月 (12)

2023年 10月 (7)

2023年 09月 (7)

2023年 08月 (6)

2023年 07月 (11)

2023年 06月 (11)

2023年 05月 (15)

2023年 04月 (10)

2023年 03月 (11)

2023年 02月 (10)

2023年 01月 (8)

2022年 12月 (9)

2022年 11月 (8)

2022年 10月 (6)

2022年 09月 (6)

2022年 08月 (4)

2022年 07月 (3)

2022年 06月 (6)

2022年 05月 (9)

2022年 04月 (5)

2022年 03月 (1)

2022年 02月 (1)

2021年 11月 (2)

2021年 10月 (3)

2021年 08月 (3)

2021年 07月 (4)

2021年 06月 (6)

2021年 05月 (7)

2021年 04月 (3)

2021年 03月 (3)

2021年 02月 (3)

2021年 01月 (6)

2020年 12月 (6)

2020年 11月 (7)

2020年 10月 (9)

2020年 09月 (7)

2020年 08月 (9)

2020年 07月 (13)

2020年 06月 (9)

2020年 05月 (15)

2020年 04月 (14)

2020年 03月 (12)

2020年 02月 (12)

2020年 01月 (13)

2019年 12月 (15)

2019年 11月 (14)

2019年 10月 (13)

2019年 09月 (14)

2019年 08月 (17)

2019年 07月 (16)

2019年 06月 (18)

2019年 05月 (18)

2019年 04月 (22)

2019年 03月 (22)

2019年 02月 (17)

2019年 01月 (21)

2018年 12月 (25)

2018年 11月 (24)

2018年 10月 (15)

2018年 09月 (7)

2018年 08月 (4)

2018年 07月 (7)

2018年 06月 (19)

2018年 05月 (15)

2018年 04月 (18)

2018年 03月 (24)

2018年 02月 (9)

2018年 01月 (12)

2017年 12月 (15)

2017年 11月 (20)

2017年 10月 (26)

2017年 09月 (25)

2017年 08月 (25)

2017年 07月 (22)

2017年 06月 (32)

2017年 05月 (33)

2017年 04月 (26)

2017年 03月 (25)

2017年 02月 (32)

2017年 01月 (30)

2016年 12月 (29)

2016年 11月 (19)

2016年 10月 (18)

2016年 09月 (27)

2016年 08月 (15)

2016年 07月 (17)

2016年 06月 (30)

2016年 05月 (24)

2016年 04月 (16)

2016年 03月 (24)

2016年 02月 (24)

2016年 01月 (33)

2015年 12月 (32)

2015年 11月 (46)

2015年 10月 (35)

2015年 09月 (36)

2015年 08月 (34)

2015年 07月 (13)

2015年 06月 (14)

2015年 05月 (22)

2015年 04月 (26)

2015年 03月 (27)

2015年 02月 (23)

2015年 01月 (21)

2014年 12月 (19)

2014年 11月 (11)

2014年 10月 (16)

2014年 09月 (13)

2014年 08月 (10)

2014年 07月 (17)

2014年 06月 (11)

2014年 05月 (26)

2014年 04月 (19)

2014年 03月 (19)

2014年 02月 (26)

2014年 01月 (19)

2013年 12月 (11)

2013年 11月 (23)

2013年 10月 (25)

2013年 09月 (33)

2013年 08月 (36)

2013年 07月 (35)

2013年 06月 (40)

2013年 05月 (63)

2013年 04月 (60)

2013年 03月 (69)

2013年 02月 (35)

2013年 01月 (21)

2012年 12月 (11)

2012年 11月 (10)

2012年 10月 (17)

2012年 09月 (17)

2012年 08月 (27)

2012年 07月 (27)

2012年 06月 (30)

2012年 05月 (22)

2012年 04月 (16)





ITAL STYLE