Shop News

2017.01.25


DOPPIAA

こんにちは。橋本です。

 

帰国してからあっと言う間に1週間が経ってしまいました。

今回、途中でタブレットが無くなってしまったので、

諸々の確認事項が帰国後になってしまっていた業務も多く、

気付いたら1週間が過ぎていました。

 

今日は先日の出張の最終日、ミラノでのショールーム廻りの中から、

コレクションが本当に素晴らしかったDOPPIAAのことを書きたいと思います。

 

DOPPIAA?と言う方も多いと思いますので、

先ずはブランド説明を簡単に。

元々イタリアのブレーシャという街で「ADRIANO&SONS」というショップを経営している

アドリアーノ・フラカッシ氏の長男であるアラン・フラカッシ氏らがスタートさせたブランドで、

今回がまだ3シーズン目(と言ってたはず?)の比較的新しいブランドです。

 

 

こちらはアドリアーノ・フラカッシさん。

実にエレガンテ。

もう、結構なお年だと思いますが、フィッティングは攻めてます。

 

息子であるアラン・フラカッシさんは実は、

以前イタルスタイルでも取り扱いのあったALANというブランドを手掛けていました。

そして、彼が、イタリアでは勿論、世界的にも有名なテノール歌手であるホセ・カレーラスの息子

アルバート・カレーラス氏らと共にスタートさせたブランドがDOPPIAAになります。

 

どうやらお父さんのマネージャーとして、世界を飛び回っていたアルバートさんの

プライベートスタイリストがアランさんだったようです。

恐らく彼の素晴らしいセンスを見抜いて、アルバートが出資したんじゃないの ?

なんて下世話な想像をしてしまいました。

 

ちなみにDOPPIAA、来たる2017年の春夏シーズンでも一押しブランドとして、

しっかり仕込んでありますのでお楽しみに。

 

彼らのショールームはミラノのブランドストリートとして有名な

モンテナポレオーネのすぐ近くにあります。

何故このブランドに惹かれるのか?

それは繊細な色使いと、スタイリング提案が本当に素晴らしいからです。

 

 

ショールーム入って直ぐのトルソーには

ルックブックでも使用されていた深いグリーンのスーツのコーディネート。

 

 

 

一番左のコートの絶妙な色。最高です。

 

 

 

この色合わせも素敵。

 

 

Pitti からかなり気になっている太畝コーデュロイ。

 

ちなみにPitti の会場ではこのような提案でした。

 

 

ここでも色使いの巧みさが見て取れます。

コレクションは決して派手ではないですし、イタリアイタリアした濃さもありません。

実にいい具合に力が抜けています。

 

個人的にいつもスタイルを注目している一人が、このブランドの営業の方。

 

 

いつも本当お洒落です。

(この方、半年前のPitti のスナップブログでも登場しています)

 

 

シンプルなネイビー無地のダブルのスーツに

この柄のニットベストを合わせて、クラークスを履くところとか。

シャツの襟のサイズや胸ポケにチーフを入れずに老眼鏡を入れてたりとか。

いちいちお洒落。

ちなみにこの写真撮る時にはこんなシーンも。

 

 

実はこの左の男性がアラン・フラカッシさん。

私がシューズを見て、「このスタイリングにクラークスなんだ !格好いいね !」

と話していたら、

「でもこいつのクラークスは◯ト◯ム製だからな。俺のはイングランド製だけど」

「何言ってんだ。俺のはイングランド製のビンテージだぞ。」

というやり取り中のヒトコマです。

 

二人共、とてもウィットがあるのに上品で。

ブランドのスタイルを象徴しています。

 

今回オーダーした商品の入荷はまだ半年以上先ですが、

先ずは2017年春夏のDOPPIAAにご期待下さい



前の記事へ |  次の記事へ

2018年 12月 (5)

2018年 11月 (23)

2018年 10月 (15)

2018年 09月 (7)

2018年 08月 (4)

2018年 07月 (7)

2018年 06月 (19)

2018年 05月 (15)

2018年 04月 (18)

2018年 03月 (25)

2018年 02月 (9)

2018年 01月 (12)

2017年 12月 (15)

2017年 11月 (20)

2017年 10月 (26)

2017年 09月 (25)

2017年 08月 (25)

2017年 07月 (22)

2017年 06月 (32)

2017年 05月 (33)

2017年 04月 (26)

2017年 03月 (28)

2017年 02月 (32)

2017年 01月 (30)

2016年 12月 (29)

2016年 11月 (19)

2016年 10月 (18)

2016年 09月 (27)

2016年 08月 (15)

2016年 07月 (19)

2016年 06月 (34)

2016年 05月 (26)

2016年 04月 (16)

2016年 03月 (24)

2016年 02月 (24)

2016年 01月 (36)

2015年 12月 (32)

2015年 11月 (47)

2015年 10月 (39)

2015年 09月 (47)

2015年 08月 (46)

2015年 07月 (15)

2015年 06月 (14)

2015年 05月 (24)

2015年 04月 (38)

2015年 03月 (43)

2015年 02月 (39)

2015年 01月 (33)

2014年 12月 (19)

2014年 11月 (11)

2014年 10月 (16)

2014年 09月 (13)

2014年 08月 (10)

2014年 07月 (17)

2014年 06月 (11)

2014年 05月 (26)

2014年 04月 (19)

2014年 03月 (19)

2014年 02月 (26)

2014年 01月 (19)

2013年 12月 (13)

2013年 11月 (23)

2013年 10月 (25)

2013年 09月 (34)

2013年 08月 (39)

2013年 07月 (37)

2013年 06月 (40)

2013年 05月 (63)

2013年 04月 (61)

2013年 03月 (73)

2013年 02月 (35)

2013年 01月 (21)

2012年 12月 (11)

2012年 11月 (11)

2012年 10月 (17)

2012年 09月 (17)

2012年 08月 (27)

2012年 07月 (27)

2012年 06月 (30)

2012年 05月 (22)

2012年 04月 (16)





ITAL STYLE