Shop News

2015.10.14


vol.95
【まだまだこれから】

若い衆には負けない。

消耗品としての洋服選びはしない。

 

不惑の年を迎えながらも、ふとそう思ってしまう

時があるのは、

やはり歳のせいからだろうか・・・。

 

 

皆さん、こんにちは。

 

巻頭言は若い方々への嫉妬でも、

「物を大事にしなさいっ!」なんて、老婆心ながらの

一喝でもありません。。

今巻はしっかりとスタイリング提案をしていきますので。

 

「blogではなく、stylingでアップすれば良いのでは?」

 

実は一度トライしてみましたが、ツラ的にちょっとアンバランス

でしたので、このblogでご紹介します。

 

別に妬んでおりません。

 

私だけではないですが、年中通して洋服の仕事をしていると

それに費やす「¥」が中途半端ではないです。

 

世間は散財というかもしれませんが、

「良いものは高価」

ではなく、

「良いものは投資価値がある」

 

と置換すれば、よろづの事にも投資しますよね。

 

『身に付けるものこそ、自分を投影するもの』

 

今年の買い足しはまだまだこれから!

 

さて、手始めの品はこれです。

 

 

 

MANUFACUTURE OPEN YARD
ミラノリブJK

 

こちら、継ぎ目が目立たないリンキング縫製に

加えてミラノリブ。

 

ミラノ発祥の編み方からそう呼びますが、要は、

ゴム編みと袋編みの繰り返しで仕上がっています。

これによって適度の肉感と質量感が生まれ、

そして何よりもニットにしては保形性が抜群!

 

 

 

ハイゴージなゆえに、胸元と肩周りは適度にフィット。

 

 

 

短い着丈も助けて自重による極めてスッとしたシルエット。

 

 

 

ミラノリブならではの袖口。

捲くり上げたいですね。

 

ネイビー・グレー・ボルドーの3色展開。

是非店頭にてご試着ください。

私は擦り切れるまで着用したいと思います。

 

 

 

おまけ

 

この時期が最も多読する私ですが、

最近(実際には5月位から)ジムに行くようになり、

出ているお腹周りを引っ込めようと

奮闘しております。

 

そして、本よりも映画を続けて観るように

なりました。

 

立て続けにPART3まで観た映画が、

 

エクスペンダブルズ

 

自身のオヤジ体型、ジム、マッチョ。

偶然の連鎖意識なのか本能なのか、、、。

 

コレは私の年代ではかなりササる映画!

キャスティングが素晴らしい(というか懐かしい)

 

ロッキー、ドラゴもいれば、ターミネーターや

ユニソル。

ナカトミビルでは暴れたね、マクレーン刑事。

 

上記キャストなら絶対いるだろうと思ってたら

やはりおったトランスポーター。

 

ナインハーフの時はイケメンでしたM.ローク。

インディjr、リーサルウェポン、少林拳のチャンプまで!

昨年からの復帰おめでとう、スナイプス。

 

そして仕上げは空手家テキサスレンジャー。。

 

 

3作とも肉感・重量感抜群!

観ていてスッとする。

もっと早く観れば良かった。。

 

なんでもPART4も来年クランクインするとか。

 

いやぁ、若い衆に負けずに頑張って欲しいですね、

アクションオヤジ軍団。

 

「四十曰強、而仕」

よし、私も締めよう。

 

 

 

 

Writer//

三崎 博之 (ITAL STYLE  executive director)



前の記事へ |  次の記事へ




ITAL STYLE